CompuTools Business Communication Solutions

Iota GPU ライブラリ

Iotaは、NVidia GPUボードを使用して高性能エンジニアリング、科学、統計、および財務アプリケーションを実装するためのライブラリです。

Iota の機能は次のとおりです。

  • Maxwell シリーズボード以上で利用できます。 最高のパフォーマンスは、最新のRTX3000シリーズのボードを使用して実現されます。
  • 使いやすいC ++ API。 (Java、C、C#、およびPythonを含む他の言語へのインターフェースは開発中です。)
  • すべての一般的なC ++データ型に対応するベクトルクラス。
  • ドット積、内積、塗りつぶしなどの一般的な演算のための組み込みベクトル処理関数
  • データモデルを変更するときに、すべての関連ベクトルを自動的にサイズ変更します。 (コードのメンテナンスが簡単になります。)
  • Windows、Linux(RHEL, CentOS, Ubuntu) で利用可能です。

 

基本的なIotaライブラリに加えて、これらのドメイン固有の姉妹ライブラリを開発しています。

  • IotaSPH。このライブラリはSmoothed Particle Hydrodynamicsアプリケーションの作成を単純化するための機能を追加します。インフラストラクチャサポート、高速 Nearest Neighbor 検索、およびいくつかのKernel "Weight"関数が含まれています。これにより、わずかな行数のコードで、まったく新しいGPU対応のSPHアプリケーションを素早く作成できます。アプリケーション固有の物理ルーチンを追加するだけです。
  • IotaMath。このライブラリには、線形方程式ソルバー、固有値ソルバー、統計やファイナンスでよく使用される関数など、いくつかの数学関数が追加されています。

Iotaライブラリはサポートされている商用製品です。これらを使用して、新しい高性能アプリケーションを作成できます。または既存のアプリケーションをスーパーチャージするために使用することもできます。

 詳細について、または高性能コンピューティングの構築についてはお問い合わせください。