CompuTools Business Communication Solutions

TeleplexのFAX機能

TeleplexではいくつかのFAXの処理機能を提供しています。

Save a Tree

Teleplexで受信したファクスはまずハードディスクに登録されます。次に、もし必要があればオフィスのプリンターに自動的に印刷します。ただし、この受信したファクスを添付して指定のEメール宛先に送信する事ができるので、ペーパーレスで済ます事も可能です。また、ダイアルイン番号を追加する事でこの処理を多数行う事もできます。

Save Time

「FaxStation」はTeleplex関連製品で以下のような機能を持っています:

  • ワード、エクセル等のアプリケーションから直接ファクスの送信を指定できます。
  • あらかじめ作成されているカタログや申込書などのファクス・ファイルを指定して送信できます。
  • 1ないし複数の送信先指定(一斉同報)でファクス送信できます。
  • ファクスの送信を承認する機能を持っています。
  • ファクスの処理状況を確認できます。
  • ファクス・イメージの表示ができます。

印刷してのファクス機での送信待ちが不要で、自動再送処理を行い、デスクトップで結果を確認できます。

Save Money

別のファクスサーバーは不要です。Teleplexではファクス・サポート機能を含んでいるため同じサーバーで機能を実現します。Teleplexの構成には既にファクスリソースを含んでいるものもあります。また、ソフトウェアでのアドイン対応のもの、ボードを追加構成する場合もありますが、いずれ、そのファクス・リソースはTeleplexシステム内で共有ができますので、少数のリソースでも多くの対応が可能です。

Fax サービス

情報ボックスや一斉同報などのファクスを利用したASP(application service provider)サービスの実現も容易です。これらはTeleplexのIVR applicationで行うことができます。